ハワイ島

母なる自然の絶頂を感じられる場所

アメリカで最もエキゾチックな旅行先の 1 つです。ハワイ州の島々では、雄大な山、火山、鬱蒼としたジャングル、熱帯の滝、色とりどりのビーチが見事に混ざり合っています。ハワイ州の太平洋の島々はカリフォルニア州の西方にありますが、ここには別世界が広がっています。

ハワイ州は 8 つの島で構成されていますが、人が住み、一般の人が立ち入ることができるのは、そのうちの 6 島だけです。島ごとに独自の魅力と特徴があります。木々が生い茂る環境から「庭園の島」という愛称が付けられているカウアイ島は、海岸 1 キロメートル当たりのビーチ数が非常に多い島です。ここには「太平洋のグランドキャニオン」として知られるワイメア渓谷があります。オアフ島には、ワイキキビーチのようなハワイを象徴するビーチ、世界的に有名なサーフィンスポットのノースショア、ダイヤモンドヘッドのような素晴らしいハイキングコースだけでなく、イオラニ宮殿やパールハーバーなどの史跡もあります。「ビッグアイランド」とも呼ばれるハワイ島は、驚異的なハワイ火山国立公園(Hawai’i Volcanoes National Park)の所在地で、有名なコナコーヒーの故郷です。マウイ島には、絶景が楽しめるハレアカラ国立公園(Haleakala National Park)や世界有数のホエール・ウォッチング・スポットがあります。モロカイ島には、世界で最も高い海食崖や、ハワイ州で最も人里離れた入植地の 1 つ、カラウパパ国立歴史公園(Kalaupapa National Historical Park)があります。ラナイ島では、スイートハートロックから眺めるフロポエ湾のドラマチックな景観や三日月のような地形の神々の庭園など、独自の地形が見られます。