アラスカ州

アメリカの最後の辺境であり、野生のワンダーランド

「最後の辺境」として知られるアラスカ州は、野生の地にほかならず、規模も景色も壮大です。アラスカ湾、ベーリング海、ボーフォート海、およびチュクチ海に面したアメリカ最大の州(テキサス州の 2 倍

以上の広さ)には、アメリカ最長の海岸線やアメリカの大部分の火山があります。また、北アメリカの最高峰のマッキンリー山があるのも自慢です。北に位置するおかげで、アラスカ州には、メンデンホールグレイシャーや、ロードアイランド州よりも広いジュノー氷原のような見応えのある氷河や氷原が存在しています。荒々しい地形の土地には、さまざまな種類の野生生物が生息しています。例えば、カトマイ国立公園(Katmai National Park)では、グリズリーベアがサケを獲る姿を見ることができます。アラスカ州の 15 の国立公園、保護区、記念物、国立歴史公園では、ムース、カリブー、シロイワヤギ、ハクトウワシ、クジラ、アザラシも観察できます。