スコット・オーヴズ/Flickr

コンガリー国立公園(Congaree National Park)と言えば、サウスカロライナ州のうっそうと木が生い茂る低地の森林のことが思い浮かびますが、食事についてはまず考えつきません。しかし、公園の氾濫原の森林をトレッキングしたり、三日月湖をカヌーで進んだりした後は、サウスカロライナの有名なローカントリー料理を求めて、おなかが鳴ることでしょう。ここでは、コンガリーの風景と同じようにすばらしい料理も堪能できます。

サウスカロライナ州への旅を計画しているなら、こちらでさまざまな休暇のアイデアをチェックできます

 「ローカントリー」は料理がおいしいことで知られる地域で、主にサウスカロライナ州とジョージア州の沿岸に広がる平地を指します。また、「ローカントリー」はこの地域特有の料理と同義語になっています。大西洋に近く、周囲に湖、川、入江が多いため、この地域のシェフは水をインスピレーションの源にして、ピリッとスパイスの効いたアフリカ、カリブ海諸国、フランス、スペインの料理の影響を受けた多彩なシーフード料理を作り上げています。シークラブスープ、ホッピンジョン、フロッグモアシチュー、シュリンプ&グリッツなどの伝統料理は、地元のコックや有名シェフによって、何世紀にもわたって再現され、新たに考案されてきました。

ナタリア・フィゲロア/Flickr サウスカロライナ州のコンガリー国立公園(Congaree National Park)には 4 km におよぶ木道が整備されており、足を濡らさずに公園を楽しむことができます。

コンガリー国立公園(Congaree National Park)(サウスカロライナ州コロンビアの南東 30 km 足らずの場所にあります)に来て 2、3 時間もすれば、食とアウトドアの切っても切れない関係に気が付くでしょう。コンガリーにはアメリカで最大の太古からの低地広葉樹林が手つかずのままの状態で広がっています。苔むした木が生えているぬかるんだ湿地帯は、洪水になると湖のようになることもあります。木々は急流のコンガリー川とウォータリー川を彩り、森はカロライナハコガメ、野生の豚、アカオノスリなどの野生動物を育んでいます。シェフの料理がこれらの水路に頼っているように、ベニテングタケのような 22 種の植物と動物は、コンガリーの川の湿地帯の水に依存して生きています。

実際にローカントリーの雰囲気を味わうには、この公園の約 11,000 ヘクタールに及ぶうっそうたる森林と沼地を探索する必要があります。パークレンジャーによると、地元の人のように水路と堂々たる大木を体験するには、低地の森林を縫って流れる川をカヌーで進むのがよいそうです。また、4 km の木道を含む全長 60 km ほどのハイキングトレイルも整備されているので、コンガリーの隅々を彩っている生命力あふれる植物をじっくり観察することができます。

チャールストンエリア観光局 シュリンプ&グリッツはローカントリーになくてはならない料理です。サウスカロライナ州全域のレストランで目にすることができます。

1 日探索したらコロンビアに戻り、ブルー・マーリン・レストランに立ち寄って、本物の南部の味を楽しみましょう。ランチやディナーのメニューには、シーフードのガンボやグリーントマトのフライなどの有名なローカントリーの人気料理はもちろん、いろいろな料理がそろっています。もう 1 つの地元の人気店、ミスター・フレンドリーズ・ニュー・サザン・カフェでは、ピーカン・クラブ・ケーキ、フライド・イエロー・グリッツ・サラダ、ブラックンド・シュリンプ&グリッツなどの伝統料理に斬新なひねりを加えて提供しています。

ローカントリー料理で満腹になる前に、まずこちらでお勧め料理をチェックしてください。