アラスカ州

カトマイ国立公園

野生のクマ観察に最高の場所

1918 年にカトマイ国定記念物として指定されたカトマイ国立公園および保護区(Katmai National Park and Preserve)は、活火山の景観を保護し、何千頭ものヒグマと彼らの好物である鮭の貴重な生息環境としての役割を担っています。

カトマイと聞くと、たいていの人はクマを思い浮かべます。この国立公園は、世界でも有数のヒグマ観察スポットなのです。カトマイに生息するヒグマは 2,000 頭を超え、その多くは、ブルックス川の紅鮭を求めて園内のブルックスキャンプ周辺に集まっています。短時間のハイキングで川沿いに 3 ヵ所ある野生動物展望台に立ち寄れば、今夜の食事を求めてダイビングするクマの様子を観察できます。

この 公園 を地図に表示 アラスカ州 公園 をさらに調べる