カリフォルニア州

デスバレー国立公園(Death Valley National Park)

変化が激しい地形で楽しむアドベンチャー

アメリカでおそらくもっとも気温が高く乾燥した土地ですが、それをものともせずデスバレー国立公園(Death Valley National Park)にはその美しい光景を目当てに年間 100 万人が訪れます。死の谷(デスバレー)という不吉な名前がつけられていますが、デスバレーには多様な生命体(そして楽しいアクティビティ)が存在します。この国立公園はカリフォルニア州とネバダ州の境界に位置しており、冒険好きな人なら一度は行ってみたいと夢を見る場所です。

デスバレー国立公園(Death Valley National Park)の面積は 130 万ヘクタール、公園内には砂漠地帯、鬱蒼たる森林、険しい崖があります。気候が変化に富むため、寒暖の差が激しく、対照的な表情を見せます。そびえ立つ峰には雪が積もり、低地には砂丘が広がります。稀な暴風雨のあとにはさまざまな野花が咲き乱れ、たまにオアシスができると小さな魚やその他の野生生物の隠れ家になります。静かな砂漠、驚異的な地層、砂丘、塩原など、風景写真の撮影が好きな方にとっては絶好の撮影場所でもあります。ハイキング、乗馬、サイクリング、クライミングなど、さまざまなアクティビティを通してこの素晴らしい風景を堪能できます。

この 公園 を地図に表示 カリフォルニア州 公園 をさらに調べる